Sony Media Software
リリース ノート
 
Vegas® 7.0
2006 年 8 月
 
目次
この文書は、以下のトピックで構成されています。
この文書の内容はパッケージ製品のみに適用されます。ダウンロード製品をご購入いただいた場合は、Adobe Acrobat (PDF) 版の製品ドキュメントを弊社の Web サイトからダウンロードしてください。
 
1.0 ようこそ
Sony Media Software Vegas 7.0 ソフトウェアをご購入いただき、ありがとうございます。この文書には、Vegas ソフトウェアのコンピュータへのインストール方法と使用方法に関する情報が記載されています。
 
2.0 新機能
バージョン 7.0a での主な不具合解消/変更
  • XDCAM の多くの不具合の解消とパフォーマンスの改善が施されています。
  • Sony DSR-DR1000 デッキで作成した 4 チャンネル .dlx ファイルが正常に開けるようになりました。
  • [フレームに合わせてクオンタイズ][スナップを有効にする] がオンの場合、フレーム境界上にないスナップ ポイントにドラッグすると、スナップ インジケータは点線として表示され、スナップ ポイントが最も近いフレーム境界にクオンタイズされることを示します。
  • [ユーザ設定] > [全般] に新しいユーザ設定が追加されました。トラック エンベロープとイベント ゲイン エンベロープを結合して、クリップ ベースのゲイン エンベロープとして AAF ファイルに保存する場合は、[AAF エクスポート - クリップベースのオーディオ エンベロープを使用する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスがオフの場合、トラック エンベロープはトラック エンベロープとして保存され、イベント エンベロープはクリップ エンベロープとして保存されます。
    AAF ファイルをインポートする場合は、トラック エンベロープとクリップ ベースのゲイン エンベロープが結合されて、トラック エンベロープとしてインポートされます。
  • イベントが同期されていない場合、マルチチャンネル オーディオ ファイルに対してインジケータが表示されるようになりました。
  • サブクリップの元のメディア ファイルをトリマーで開く場合は、イベントをタイムライン上で (または、サブクリップを [プロジェクト メディア] ウィンドウで) 右クリックし、ショートカット メニューの [トリマーで親メディアを開く] を選択します。
  • HDV ビデオのキャプチャ時のシーン検出が追加サポートされています。[キャプチャ設定] ダイアログ ボックスの [全般] タブの [HDV シーン検出を有効にする] チェック ボックスを使用して、シーン検出の有効と無効を切り替えます。
  • タイムコードをほとんどの HDV ファイルから読み取ることができるようになりました (一部の 720p フォーマットには意味のあるタイムコードは含まれていません)。
  • 特定の状況下で HDV キャプチャがハングする不具合が解消されました。
  • プロジェクトをネットワーク フォルダに保存するときのパフォーマンスが向上しています。
  • グループ化されたイベントに対する [イベント属性の貼り付け] 動作が向上しています。
  • イベントを削除するときのポスト編集リップルのロジック (自動リップルを含む) が向上しています。新しいロジックにより、イベントを一連のクロスフェード イベントから削除する場合、およびイベントを複数のトラックから削除する場合に、従来より質の高いクロスフェードが生成されます。
    選択したイベント全体の長さを選択した先頭イベントの開始から次の非選択イベントの開始までとして、リップルの量は、選択したイベント全体の長さが最も短いトラックに基づいて決定されます。
  • [←]/[→] キーのキーボード ショートカットが変更になり、トラック リストにフォーカスがあるときに、この 2 つの矢印キーを使用してカーソルの位置を変更できるようになりました。これにより、トラックのボリュームや不透明度が誤って変更されるのを防ぐことができます。
    - タイムラインまたはトラック リストにフォーカスがあるときに [←]/[→] キーを押すと、カーソルが左右に 1 ピクセル移動します ([Shift] キーを押しながら押すと選択範囲が拡張されます)。
    - タイムラインまたはトラック リストにフォーカスがあるときに [Alt] キーを押しながら [←]/[→] キーを押すと、カーソルが 1 フレーム移動します ([Shift] キーを押しながら押すと選択範囲が拡張されます)。
    - トラック リストにフォーカスがあるときに [Ctrl] キーを押しながら [←]/[→] キーを押すと、オーディオ トラックのボリュームまたはビデオ トラックの不透明度が変わります。
    - トラック リストにフォーカスがあるときに [Ctrl] キーと [Shift] キーを押しながら [←]/[→] キーを押すと、オーディオ トラックのパンまたはビデオ トラックのフェードが変わります。
  • Vegas の旧バージョンで作成されたプロジェクトを開くとクラッシュすることがあった不具合が解消されました。
  • AJA SDI カードを使用してプレビューしているときに、外部ビデオ プレビューのビデオ信号との同期が行われないことがあった問題が解消されました。
  • ベロシティ エンベロープを含むビデオ イベントを分割するときのメディア オフセットに関する問題が解消されました。
  • メディアが移動された場合における静止画シーケンスの再リンクの問題が解消されました。
  • 特定のオーディオ プラグイン (Antares Filter、Sony Pitch Shift など) を使用した再生でクラッシュすることがある問題が解消されました。
  • 再生を停止したときに TranzPort コントロール サーフェス メーターがリセットされるようになりました。
  • 5.1 サラウンド プロジェクトで複数のモノラル テンプレートを使用したときに、ライト、ライト サラウンド、LFE の各チャンネルがレンダリングされなかった不具合が解消されました。
  • [プロジェクトのテンポでオーディオをインポート] チェック ボックス ([ユーザ設定] > [オーディオ]) がオンのときに、ビートマップ ファイルがプロジェクト テンポでインポートされなかった不具合が解消されました。
  • 特定の条件下で自動入力モニタ中に音が歪むことがあった不具合が解消されました。
  • マスタ バスのボリューム エンベロープが正常に動作しないことがあった不具合が解消されました。
バージョン 7.0 の新機能
ワークフロー
  • ビデオ プレビューの機能強化 - プレビュー ウィンドウへの自動フィット、内部/外部同時プレビュー、プレビュー用の解像度モードの追加、プレビュー用に最適化されたスケーリングなど
  • ウィンドウ レイアウト管理の機能強化 - カスタム ウィンドウ レイアウトの保存、保存したレイアウトの呼び出し、共有
  • ウィンドウ ドッキングの柔軟性向上 - タイムラインやタブをドッキングされたウィンドウの上や下に表示できます。
  • スナップの機能向上 - スナップ インジケータが色分けされて見やすくなっています。また、別のトラック上のイベント エッジにスナップさせることができます。
  • パン/クロップおよびトラック モーション キーフレーム用にユーザ定義のスムーズさのデフォルト値を使用できます。
  • タイムライン上でのフリーハンドでのエンベロープ作成
  • メディアとプロジェクトのコピー/トリミングの機能強化。非圧縮 AVI、Sony YUV AVI、CineForm AVI の各ファイル形式のサポート、オーディオとビデオの単一 .avi ファイルへのコピー/トリミング、ベロシティ エンベロープのあるメディアのコピー/トリミング サポートなど
  • 切り取り/コピー/削除はグループ化されたイベントにも適用
  • イベント内のメディア マーカー名の表示オプション
  • メディア マネージャのパフォーマンス強化
  • キーボード カスタマイズの機能強化
ビデオ
  • ネイティブ HDV 1080 .m2t の再生パフォーマンスが向上しました。また、HDV 1080 の長時間プロジェクトのメモリ処理が向上しています。
  • XDCAM が総合的にサポートされています。XDCAM ビューア ウィンドウ、プロキシ サポート、FAM (i.LINK®) およびネットワーク サポート、マルチチャンネル オーディオ I/O、プロキシ適合、ディスクへのマスタリングなどに対応しています。SD および HD の XDCAM 形式はすべてサポートされています。
  • DeckLink 実装が向上しています。現在の世代の DeckLink PCI-e および PCI-x カードのサポート、バッチ キャプチャの向上、マルチチャンネル オーディオ I/O、テープに対する挿入編集、混合タイムコード処理、1080 24p I/O サポート、720p タイムライン モニタリングなどに対応しています。
  • AJA SDI カードをサポートしています (Xena LH、LHe、LS、または LSe カードが必要)。バッチ キャプチャ サポート、マルチチャンネル オーディオ I/O、テープへの挿入編集、混合タイムコード処理、1080 24p を含む SD および HD I/O、720p タイムライン モニタリングなどに対応しています。
  • 高品質 H.264 AVC/AAC インポートおよびエクスポート (HD サポートを含む)。Sony PSP® および Apple iPod® 用のテンプレートが用意されました (Vegas 6.0d から対応)。
  • MPEG-2 のレンダリングにおいて I フレームをマーカー位置に挿入できます (DVD Architect 4 の I フレーム ビューアと連動)。
  • PSP® へのエクスポート (Vegas 6.0d から対応)。
  • DVD インポートでは、DVD ベースのカムコーダや DVD に録画されたホーム ムービーからの 5.1 チャンネル オーディオの抽出をサポートしています。
  • 静止画像に対する赤目軽減
オーディオ
  • Sony Cinescore™ 音楽生成プラグインをサポートしています。
  • マルチスレッド オーディオ エンジンにより、オーディオのリアルタイム再生およびレンダリングのパフォーマンスが向上しています。使用できるトラックやエフェクトの数が増え、待ち時間が短縮されています。
  • マルチチャンネル オーディオ インポート (.wav/.wav64、.avi、XDCAM .mxf、BWF)
  • Multichannel Broadcast Wave (BWF) オーディオのインポートと、タイムスタンプに基づく整列
  • マルチチャンネル オーディオ レンダリング (.wav/.wav64、.avi、.mxf)
  • VST プラグイン サポートの機能向上
  • ATRAC3™、ATRAC3plus™、ATRAC Advanced Lossless™ の各形式のモノラル、ステレオ、および 5.1 サラウンド ファイルの読み込みとレンダリングのサポート
  • Gracenote® MusicID™ テクノロジを使用したオーディオの CD から抽出
  • Frontier TranzPort コントロール サーフェスのサポート
3.0 既に報告されている問題
  • セカンダリ モニタで全画面ビデオ プレビューを使用する場合は、[画面のプロパティ] ダイアログ ボックス ([スタート] > [設定] > [コントロール パネル] > [画面]) の [設定] タブで [Windows デスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする] チェック ボックスをオンにする必要があります。
  • ディスプレイ アダプタが 3D アクセラレーションをサポートしていない場合は、セカンダリ ビデオ モニタでの全画面ビデオ プレビューを使用できません。
  • セカンダリ ビデオ モニタで全画面ビデオ プレビューを使用していてビデオに問題が発生する場合は、製造メーカーが提供する最新のドライバでディスプレイ アダプタを更新してください。
  • 24 ビットの Windows Media Audio ファイルは、Windows 2000 では常に 16 ビットのファイルとして読み取られます (マルチチャンネル ファイルは 16 ビットのステレオ ファイルとして読み取られます)。これはオペレーティング システムの制限によるものです。24 ビットの WMA ファイルはレンダリングできますが、これらのファイルを 24 ビットのオーディオとして読み取る場合は、Windows XP コンピュータにコピーする必要があります。
  • レンダリングしたファイルを HDV テープに出力する場合は、ファイルがターゲットの HDV デバイスとファイル タイプの要件に完全に準拠する必要があります。準拠していないと、テープへの出力操作は失敗します。HDV テープへ出力するには、付属の HDV MPEG-2 レンダリング テンプレートを変更せずに使用してください。
  • DVD ベースのカムコーダに付属の Sony Handycam USB ドライバを使用すると、Vegas が USB 接続のカメラを認識しなくなります。[コントロール パネル] の [アプリケーション (プログラム) の追加と削除] を使用して「Sony DVD Handycam USB ドライバ」コンポーネントをアンインストールすると、Vegas をカメラに接続して、[インポート] > [DVD カムコーダ ディスク] を使用してビデオをインポートできます。VR モードには Windows XP SP2 以降が必要です。
  • マルチチャンネル オーディオを .wav/.wav64、.avi、.mxf の各形式でレンダリングするための Vegas テンプレートは、マルチチャンネル オーディオをサポートしていないその他の Sony Media Software アプリケーションで表示できる場合があります。これらのテンプレートをその他のアプリケーションで使用しても、意図した結果は得られないので、使用は差し控えてください。
  • Vegas 7.0 を ACID Pro 5、ACID Pro 6、Vegas 6 のいずれかがインストールされているコンピュータで使用する場合は、ACID Pro 5/6 または Vegas 6 用の Media Manager 2.1 更新をインストールしてください。‎インストール ユーティリティは、Vegas アプリケーション ディスクの‎‏ ¥Extras¥Media Manager 2.1 フォルダにあります。
  • CineForm コーデックを使用するには、現在の Windows ユーザ アカウントが Administrators グループに属している必要があります。HDV AVI ファイルを読み込んだりレンダリングしたりする場合は、管理者権限のあるアカウントでログインしてください。
  • Microsoft .NET 2.0 Framework がインストールされていない状態で Vegas 7 をインストールすると、特定の条件において、いったんログオフしてからログオンしようとしてもコンピュータにログオンできなくなり、再起動が必要になります。コンピュータを再起動すると、ログオン、および Vegas 7 の実行と登録ができるようになります。
 
4.0 システム要件
Sony Media Software Vegas ソフトウェアを使用するために必要な最小システム要件は次のとおりです。
  • Microsoft® Windows® 2000 SP4 または XP (HDV および XDCAM については Windows XP SP2 が必要)
  • 800 MHz プロセッサ (HDV には 2.8 GHz を推奨)
  • 200 MB 以上のハードディスク空き容量 (プログラムのインストール用)
  • 600 MB 以上のハードディスク空き容量 (別売の Sony Sound Series Loops & Samples リファレンス ライブラリのインストール用)
  • 256 MB RAM (HDV には 512 MB RAM を推奨)
  • OHCI 互換 i.LINK® コネクタ*/IEEE-1394DV カード (DV および HDV キャプチャおよびテープへの出力)
  • Windows 互換サウンド カード
  • DVD-ROM ドライブ (DVD からのインストールに必要)
  • サポートされている CD-R ドライブ (CD の書き込みに必要)
  • Microsoft DirectX® 9.0c 以上 (アプリケーション ディスクに収録)
  • Microsoft .NET Framework 2.0 (アプリケーション ディスクに収録)
  • Internet Explorer 5.1 以上 (アプリケーション ディスクに収録)

    *i.LINK は Sony Electronics の登録商標です。i.LINK は製品に IEEE 1394 コネクタが搭載されていることを示す目的でのみ使用されます。IEEE 1394 コネクタが搭載されているすべての製品が、相互に通信できるわけではありません。

5.0 インストール
インストール ユーティリティによって、Vegas ソフトウェアで必要なフォルダとファイルが、お使いのコンピュータに作成およびコピーされます。
 
CD からのインストール
  1. Vegas アプリケーション ディスクをドライブに挿入します。セットアップ画面が表示されます (CD-ROM または DVD-ROM ドライブの自動再生機能が有効になっている場合)。
    ドライブの自動再生機能を無効にしている場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「D:¥setup.exe」(D はお使いの CD または DVD ドライブのドライブ文字) と入力し、画面の指示に従ってインストールを完了します。
  2. [インストール] をクリックし、画面の指示に従って、Vegas の該当するバージョンをコンピュータにインストールします。
Web からのインストール
  1. 当社の Web サイトからインストール ユーティリティをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面の指示に従って、Vegas の該当するバージョンをコンピュータにインストールします。
6.0 Vegas ユーザ マニュアル
Vegas アプリケーション ディスクには Adobe Acrobat (PDF) 形式の Vegas ユーザ マニュアルが収録されています。Acrobat 形式は印刷にも適しています。マニュアルは、アプリケーション ディスクの manual フォルダにあります。
 
Adobe Reader のインストール
マニュアルを表示するには、Adobe Acrobat Reader が必要になります。Acrobat Reader は、アプリケーション ディスクの ¥Extras¥Adobe Reader フォルダに収録されています。Acrobat Reader をインストールするには、次の手順に従います。
  1. Vegas アプリケーション ディスクをドライブに挿入します。自動再生機能によってインストール メニューが表示されます。
    ドライブの自動再生機能を無効にしている場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「D:¥Extras¥Adobe Reader¥Japanese¥AdbeRdr707_ja_JP.exe」(D はお使いの CD または DVD ドライブのドライブ文字) と入力し、画面の指示に従ってインストールを完了します。
  2. [CD の内容を参照] を選択し、D:¥Extras¥Adobe Reader¥Japanese¥ フォルダを参照します。
  3. AdbeRdr707_ja_JP.exe アイコンをダブルクリックし、画面の指示に従ってインストールを完了します。
7.0 デモ
Sony Media Software のその他の製品の情報またはデモをご希望の場合は、弊社の Web サイトをご覧ください。このサイトには、Sony Media Software の最新技術情報、デモ、製品に関する通知が掲載されています。
 
Sony Media Software デモを商用目的で配布するには、Sony Media Software の書面による許可が必要です。
 
8.0 Sony Media Software へのお問い合わせ
Sony Media Software のお問い合わせ先は以下のとおりです。
 
住所:
Sony Media Software
1617 Sherman Ave.
Madison, Wisconsin 53704
USA
 
カスタマ サービス/セールス:
カスタマ サービス オプションの詳細については、http://mediasoftware.sonypictures.com/support/custserv.asp をご覧ください。
 
電話によるサポート (通常の営業時間内):
  • 1-800-577-6642 (フリーダイヤル、米国、カナダ、バージン諸島)
  • 1-608-204-7703 (その他の国)
  • ファックス:1-608-250-1745
テクニカル サポート
 
See the World of Sony